子どもの成長期に、今日からすぐ役立つ情報をお届けします!「食育レベルアップ!」
ギャバ(GABA)

正式名称はガンマ-アミノ酪酸。アミノ酸の一種で神経の興奮を抑えてリラックスさせる作用をもつ栄養素です。その特徴からストレスの低減や、スムーズな入眠のために活用されるケースも増えており、最近では、チョコレートなどのギャバを含有した特定保健用食品が販売されているのもよく目にするはずです。

快眠を期待してギャバを摂取する場合は、持続時間を考えると、眠る1~2時間前に10~20mgのギャバを摂るのがよいと考えられています。ギャバは、下記の食品のほか、サプリメントでも摂取することが可能。寝つきが悪い、イライラが収まらないといった子どもの症状に悩んでいる場合は、最適な方法でギャバを与えて効果を見てみるのも1つの手といえます。

<含まれる食品例>
玄米、発芽米、雑穀、漬物、小魚、チョコレート

 

坪田聡(つぼた・さとる)
雨晴クリニック副院長。日本睡眠学会、スポーツ精神医学会、日本医師会所属。睡眠障害がほかの病気の発症や経過に深く関係していることから、睡眠障害の治療・予防をスタートし、「快眠で健康な生活を送ろう」をコンセプトに睡眠の質を向上するための指導や普及を行っている。

http://proidea.pro/expert/132
用語解説GABA
最新情報をチェックしよう!

総合ランキング

CATEGORY カテゴリごとの最新記事