子どもの成長期に、今日からすぐ役立つ情報をお届けします!「食育レベルアップ!」
セロトニン

別名「しあわせホルモン」とも呼ばれる、精神の安定や快眠に欠かせないとされる神経伝達物質(脳内ホルモン)で、主にアミノ酸の一種であるトリプトファンという栄養素を体内に取り入れることで合成されます(そのほか、セロトニンを体内で生成する栄養素はビタミンB6、炭水化物)。セロトニンは、腸に約90%、血液中に約5%、脳に約5%存在するといわれており、脳に存在するセロトニンが、睡眠に大きな影響を与えます。

セロトニンは、朝の太陽の光を浴びることで、そのはたらきが高まる特徴があるので、1日をより気分よく過ごすためにも、朝起きたら、必ず日光を浴びるようにしましょう。

また、セロトニンを合成するトリプトファンは食事から摂取することができます。トリプトファンは、乳製品や豆類、肉類、魚介類などに多く含まれ、野菜や果物などさまざまな食材にも含まれています。少量ならごはんやパンなどにも含まれるので、パンと牛乳にバナナ、ご飯と魚に納豆と味噌汁など、バランスよく主食・主菜・副菜をそろえて食事をすることで、必要とされるトリプトファンを摂取するようにしましょう。

<セロトニンを合成するトリプトファンが含まれる食品例>
乳製品、バナナ、豆腐、納豆、味噌、肉類、魚介類など
坪田 聡(つぼた・さとる)
雨晴クリニック副院長。日本睡眠学会、スポーツ精神医学会、日本医師会所属。睡眠障害がほかの病気の発症や経過に深く関係していることから、睡眠障害の治療・予防をスタートし、「快眠で健康な生活を送ろう」をコンセプトに睡眠の質を向上するための指導や普及を行っている。
http://proidea.pro/expert/132
用語解説セロトニン
最新情報をチェックしよう!

総合ランキング

CATEGORY カテゴリごとの最新記事