子どもの成長期に、今日からすぐ役立つ情報をお届けします!「食育レベルアップ!」
カルシウム

カルシウムは身体の機能の維持や調節に欠かせないミネラルの1つ。丈夫な骨や歯をつくる、筋肉の収縮や神経を安定させる作用があるとされています。体内でのカルシウムの利用効率を高めるには、ビタミンDが必要です。

不足すると歯や骨の形成を妨げるので、特に背が伸びて骨が育つ成長期はカルシウムを含む食品を積極的に摂りましょう。

通常の食事から過剰摂取になることはほとんどありませんが、摂りすぎると、泌尿器系結石やほかのミネラルの吸収抑制などを招くとされています。薬やサプリメントなどで摂取する際は気をつけましょう。

<含まれる食品例>
乳製品(牛乳、チーズ、ヨーグルトなど)、小魚、大豆製品(豆腐や納豆など)、緑黄色野菜、海藻など

 

豊永彩子(とよなが・あやこ)
管理栄養士。米国NIT認定栄養コンサルタント、食行動コンサルタント、味覚カウンセラー。食行動改善カルテを使った個別カウンセリング・コンサルティング、セミナーなどを通して300名以上をサポート。その他、各メディアで連載やコラム執筆なども多数手がけ、健やかな美と健康の情報を発信している。
https://www.sungrant.gifts
用語解説カルシウム
最新情報をチェックしよう!

総合ランキング

CATEGORY カテゴリごとの最新記事