子どもの成長期に、今日からすぐ役立つ情報をお届けします!「食育レベルアップ!」
淡色野菜

厚生労働省の基準によると、可食部100g当たりのカロテン含量が600µg(マイクログラム)以上の野菜を緑黄色野菜といい、それ以外の野菜を淡色野菜といいます。一般的にはキャベツやきゅうり、白菜などをさすことが多いです。
淡色野菜のカロテン類は緑黄色野菜ほど多くはありませんが、ビタミンCや食物繊維、カリウムをはじめとするミネラルが豊富。緑黄色野菜とあわせてバランスよく食事にとり入れましょう。

<含まれる食品例>

かぶ、キャベツ、きゅうり、ごぼう、セロリ、大根、玉ねぎ、なす、白菜、もやしなど

 

柏原房枝(かしわばら・ふさえ)
管理栄養士。大手企業へのレシピ提案をはじめ、クリニックでの栄養相談や保育園栄養士として食育活動などに携わる。食生活の乱れからくる体調不良に悩んだ自身の経験と管理栄養士の資格をいかし、子どもからお年寄りまで幅広い世代に日々の食事の大切さを伝えている。
用語解説淡色野菜
最新情報をチェックしよう!

総合ランキング

CATEGORY カテゴリごとの最新記事