子どもの成長期に、今日からすぐ役立つ情報をお届けします!「食育レベルアップ!」

りんごはビタミンCやクエン酸、腸内の善玉菌を増やすペクチンやセルロースが豊富。疲労回復や免疫力アップが期待できるので、成長期のお子さんにおすすめの食材です。すりおろして片栗粉でとろみをつけた簡単ジャムなら消化吸収がよく、フルーツをあまり食べない子でも食べやすい! ヨーグルトと一緒にいただけば、カルシウム補給もできます。

りんごジャムをのせたヨーグルトのイメージ

CHECK

※17㎝×12㎝タッパー1個分

調理時間 10分
カロリー 186kcal
塩分 0.0g
タンパク質 0.2g
脂質 0.4g
炭水化物 320g
ビタミンC 13mg

りんご               1個(200g)

【A】
レモン汁              小さじ2
砂糖                大さじ3
水                 大さじ1

【水溶き片栗粉】
片栗粉               小さじ1と1/2
水                 大さじ2

作り方

1 りんごは皮をむき、芯を取り除いてすりおろす。(※POINT)
2 鍋に1のりんごとAを入れて中火で煮る。
3 沸騰したら水溶き片栗粉を2〜3回に分けて回し入れ、とろみをつける。
4
表面がふつふつしてきたら火を止め、タッパーにうつす。粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて冷やす。

POINT
りんごはすりおろすことで、消化吸収がアップ。また、火が通りやすくなるので、調理時間が短縮できます。

りんごをすりおろしている様子
柏原房枝(かしわばら・ふさえ)
管理栄養士。大手企業へのレシピ提案をはじめ、クリニックでの栄養相談や保育園栄養士として食育活動などに携わる。食生活の乱れからくる体調不良に悩んだ自身の経験と管理栄養士の資格をいかし、子どもからお年寄りまで幅広い世代に日々の食事の大切さを伝えている。
手作り時短りんごジャム
最新情報をチェックしよう!

総合ランキング

CATEGORY カテゴリごとの最新記事