子どもの成長期に、今日からすぐ役立つ情報をお届けします!「食育レベルアップ!」

【わかめ編】子供の成長を助ける栄養たっぷり味噌汁

管理栄養士の柏原房枝さん監修の元、栄養が豊富なことから成長期の子供に食べてもらうことで“レベルアップ”が期待できる栄養満点の野菜たっぷり味噌汁レシピをご紹介していく短期連載企画。

第1弾のキャベツ編第2弾のかぶ編に続く第3弾は、高い栄養価を誇るだけではなく、腸内環境を整えてくれる「わかめ」を使った味噌汁レシピです!

わかめで作るみそ汁

食物繊維が豊富なわかめは、腸内環境をととのえるのに大切な食品。また、髪や皮膚の健康を保つヨウ素を多く含んでいます。

レタスと玉ねぎの時短みそ汁

食物繊維が豊富なレタスと玉ねぎをプラス。どの食材もサッと火が通るので、時間がないときでも作りやすいみそ汁です。むくみ予防にも良いので、外食やお惣菜が続いたときなどにおすすめ。

レタスと玉ねぎの時短みそ汁

わかめ(乾燥)  3g
レタス      1/2個
玉ねぎ      1/2個
だし汁      2と1/2カップ
みそ       大さじ2

作り方

1

レタスは食べやすい大きさに手でちぎり、玉ねぎは薄くスライスする。

2

鍋にだし汁、玉ねぎを入れ、中火で煮る。玉ねぎがしんなりしたら、わかめとレタスを加えてすぐにみそで味をととのえる。

 

大根とごぼうの豆乳みそ汁

ビタミンB1、E、鉄、カルシウムを多く含む豆乳を使うことで栄養価がアップ。まろやかな味わいで、パンとの相性も◎。根菜を加えることで食感とボリュームをプラスしました。

大根とごぼうの豆乳みそ汁

わかめ(乾燥) 3g
大根      3cm
ごぼう     1/2本
だし汁     2カップ
豆乳      1カップ
みそ      大さじ1と1/2

作り方

1

大根はいちょう切りにし、ごぼうは斜め薄切りにする。

2

鍋にだし汁、1を入れ、中火で煮る。ごぼうがやわらかくなったら豆乳とわかめを加えて一煮立ちさせ、わかめが戻ったらみそで味をととのえる。

柏原房枝(かしわばら・ふさえ)
管理栄養士。大手企業へのレシピ提案をはじめ、クリニックでの栄養相談や保育園栄養士として食育活動などに携わる。食生活の乱れからくる体調不良に悩んだ自身の経験と管理栄養士の資格をいかし、子どもからお年寄りまで幅広い世代に日々の食事の大切さを伝えている。

 

レタスと玉ねぎの時短みそ汁
最新情報をチェックしよう!

総合ランキング

CATEGORY カテゴリごとの最新記事