子どもの成長期に、今日からすぐ役立つ情報をお届けします!「食育レベルアップ!」

子どものカラダとココロを育てる食育のイロハ(前編)

食べることで、カラダが健康になるだけでなく、ココロの豊かさにもつながる「食育」。食育という言葉は聞いたことがあるけど、具体的にどんなものなのか説明できたり、実践したりしている方は少ないのではないでしょうか。

今回は、身近なことから始められる「食育」について、管理栄養士の湯浅里菜さんにお話を伺いました。これを機に、「食育」を通した子育てについて考えてみましょう。

改めて知りたい! 「食育」ってなに?

2005年に「食育基本法」が定められて以来、多く耳にするようになった「食育」ですが、そもそもどのようなものなのでしょうか。

食育とは、食に関する正しい知識やバランスよく食を選択する力を身につけ、健全な食生活を実践できる力を育むことを指します。「3食欠かすことなく食事ができる」 「正しい配膳が分かる」などは、その代表的な例と言え、子どもたちの成長にとても大切な要素のひとつになります。

基本的な食事のリズムである1日3食をはじめ、食育は当たり前のように習慣として根付いていくものです。成長過程のうちに食育を学ぶことで、子どもたちの健康問題である偏食や肥満などを防ぐことができます。栄養バランスのよい食事を日常的に摂ることができるようになることで、生涯にわたる健康的な食生活の維持に繋がるのです。

また、食育を行うことは、おいしくバランスよく栄養を摂れるだけでなく、生活リズムを整えたり、学習能力を向上したりすることにも役立つといいます。

「子どもの頃の食事は、情緒を育み、人格の形成に大きく影響を与えると考えられています。朝食を食べない子どもが増えていますが、朝食は3食のなかでも集中力の向上や1日のエネルギーの安定にも繋がるので、必ず摂るようにしたいところです。子どものうちから規則正しい食生活や知識を身につけることで、大人になる頃には自己管理能力を高めることができるかもしれませんよ」(湯浅さん)



子どものココロを安定させる「共食」

では、「食育」とは具体的にどんなことを行えばよいのでしょうか。

「まず家庭で意識したいのは、家族とともに食事をする『共食』ですね。最近は、食卓で別々のものを食べたり、それぞれの部屋で一人で食事をしたりする家庭が増えているようです。家族が同じ食卓で会話をしながら食事を楽しむという経験は、食への興味を高め、心と体をすこやかに成長させることにつながります。毎日は難しいかもしれませんが、時間がとれるときは家族で一緒に食事をとれるようにしましょう」(湯浅さん)

日本の郷土料理で食育

「共食」とは、ひとりではなく誰かと一緒に食事をするということ。核家族化やライフスタイルの変化によって、ひとりで食事をする「孤食」の傾向が広がりつつある現代。孤食によって栄養の偏りや心身への影響も懸念されるなか、共食のメリットが再認識されています。

共食は、子どもとの食事はその日の出来事を話しコミュニケーションを図る絶好のチャンスです。共食を通して、子どもの成長への「気づき」を逃さないようにしましょう。

「どうしても子どもがひとりで食事をすることが多いご家庭であれば、『子ども食堂』を活用するのも選択肢のひとつです。地域の人とコミュニケーションをとりながら食事ができるので共食の手助けにもなります」(湯浅さん)

『子ども食堂』とは、全国で開催されている、子どもが孤食にならないように、地域の特色を生かした地産地消の料理やブッフェ料理などを提供している食堂。親も参加することができ、食事だけでなく「食育」を通じた地域住民との交流や調理活動も注目されています。

コミュニケーションの促進につながる共食は、ほかにも子どもの成長にとって多くのメリットがあります。

「毎日一緒に食事をすることで、子どもの食欲の状態といった体調の変化に気づきやすくなります。ひとりで食事をすると、どうしても好きなものばかりを食べてしまい、栄養バランスが偏りがちです。栄養バランスが偏ると、脳にエネルギーを送れずにイライラしがちになるなど、子どものメンタルに問題を引き起こす原因となります。子どものココロの安定のためにも、共食はとても重要なのです」(湯浅さん)

世代を超えて伝えていきたい「食文化」

食育としてもうひとつ大切にしたいのが「食文化の継承」  。ユネスコ無形文化遺産にも登録された和食は、栄養バランスにおいても優れているため、次世代に受け継いでいきたい文化のひとつです。

「毎日の食事はもちろん、季節ごとの行事食を子どもと一緒に食べることもおすすめです。大晦日は年越しそば、ひな祭りにはひなあられやちらし寿司など、その行事食の由来や意味などを教えながら食べると、教養を広げ食への関心を高めるきっかけになります。さらに、地元の特産物や郷土料理などを一緒に作って食べることで、地元がより身近に感じられるのではないでしょうか。郷土料理が分からない、という方はぜひインターネットで検索してみてください」(湯浅さん)



家族で一緒につくって食べたい日本食

食育にも役立つ日本の郷土料理。湯浅さんに、家族で共食をしながら楽しめるレシピを教えてもらいました。

「魚と野菜をバランスよく摂れる北海道の郷土料理『ちゃんちゃん焼き』、具だくさんで旨みあふれる神奈川県の『けんちん汁』は、無理なく野菜をたくさん食べられるメニューです。また、いつものご飯に変化をつけたいときに重宝する炊き込みご飯として、大分県の『鶏めし』もおすすめです」(湯浅さん)

食文化で食育

その中から今回は「ちゃんちゃん焼き」のレシピをご紹介します。

ちゃんちゃん焼き

鮭などの魚と野菜を焼いて味噌で味付けした北海道の郷土料理。魚も野菜も一品でしっかりと食べられます。ホットプレートを囲んで、家族でワイワイ楽しみながら作れるのもポイントです。

材料(4人分)

秋鮭(切り身)   4切れ
キャベツ      1/2個
にんじん      1/2本
玉ねぎ       1個
しめじ       1パック
サラダ油      大さじ1

【A】
みそ        大さじ4
酒         大さじ3
砂糖        大さじ1
みりん       大さじ1

作り方

①キャベツはざく切り、玉ねぎは1cm幅に切り、にんじんは5mm幅の短冊切りにする。しめじは石づきを取って細かくほぐす。
②【A】を混ぜ合わせる。
③ホットプレートを160℃に熱し、サラダ油を全体にひく。
④鮭の皮を上にして並べ、焼き色がついたら裏返す。
⑤鮭のまわりに①を並べ、②をかける。
⑥蓋をして蒸し焼きにする。水分が多ければ水分がなくなるまで加熱する。

〈後編〉はこちらから

湯浅里菜(ゆあさ・りな)
管理栄養士。1994年生まれ、徳島県出身。四国大学生活科学部管理栄養士養成課程を卒業後、管理栄養士資格を取得。保育園にて離乳食、幼児食、アレルギー食の教育に携わる。

 

食育のイメージ
最新情報をチェックしよう!

総合ランキング

CATEGORY カテゴリごとの最新記事